#pso2es 今朝のpso2esの状況です。☆11ARのヒュリオスノーティの交換まで到達できました。フレンドの皆々様には大変お世話になりました。
こんなにめちゃくちゃ苦労しててに入れたライフル今までなかった・・・
 (C)SEGA 『pso2es』公式サイト http://pso2.jp/es/

#pso2es 今朝のpso2esの状況です。☆11ARのヒュリオスノーティの交換まで到達できました。フレンドの皆々様には大変お世話になりました。
こんなにめちゃくちゃ苦労しててに入れたライフル今までなかった・・・
(C)SEGA 『pso2es』公式サイト http://pso2.jp/es/

alotbsol
キャッチコピーの「!」の数と、物件の良さは反比例する。

 →本当に良い物件は、上品なイメージを出したいので!を付けたりしないです。


「日当たり良好」は「ほめるところがない」という意味。

 →賃貸はもちろん。一戸建でも、南道路なら「南道路」と書きます。


「閑静な住宅街」は「本当にほめるところがない」という意味。

 →日当たり良好とさえ書くのが憚られる場合に。


「××駅徒歩圏」は「具体的に書くとちょっとアレ」な距離。

 →徒歩2,3分なら、売りになるので数字書きますって。

  徒歩15分とか、ま、歩けなくもないですしねえ。


「室内キレイです」は「リフォームしてません」という意味。

 →リフォーム済ならリフォーム済と(ry


「状態良好」は「まあ、現況で住めなくもないですよ」という意味。

 →室内キレイとさえ書くのが(ry

megane4141
こういう男性がいました。「あの、僕、メニューがないバーって初めてでして。どうやって注文したら良いのかよくわからないんですけど、たぶん彼女は飲みやすくてそんなに強くないもの、僕はさっぱりしたものが飲みたいんですけど。何か教えていただけますか?」完璧ですよね。こうやって言われれば、もちろんバーテン側も「あなたの味方になります。このデートを成功させるのを手伝わせて下さい」という気持ちになるんです。こういうことを言える男って、これからの人生困ったことが起きても上手く乗り越えられると思うんです。女性に「この人、すごく良い男ですよ。絶対に手放さないように」と心の中で伝えます。
highlandvalley
NY Timesの記者は朝日の誤報を引用して報じても、日本で拘束されて事情聴取を受けることはない。産経新聞の記者は朝鮮日報の記事を引用すると韓国で拘束され事情聴取を受ける。やはり韓国では民主主義諸国の道理が通らない異常な国。→【「朝日の撤回」掲載に謝意 東電社長、米紙に投稿「従業員をひどく侮辱した」】
himmelkei
 特定商品名       一般的な呼び名 
・ウインドサーフィン    ボードセイリング
・えびせん         えびせんべい。
・エレクトーン       電子オルガン。
・カップヌードル      カップ麺、即席ラーメン
・キャタピラー       無限軌道
・クリーンヒーター     温風ヒーター
・クレパス         パステルクレヨン
・サロンパス        張り薬
・シーチキン        マグロ(カツオ)の缶詰
・セスナ          軽飛行機
・セロテープ        セロハンテープ
・宅急便          宅配便
・タバスコ         ペッパーソース
・チャック         ファスナー
・テトラポット       消波ブロック
・テレカ          テレホンカード
・ドライミルク       育児用粉乳
・ナップザック       小型リュック
・ハングライダー     ハンググライダー
・プリクラ          写真シール(また、その作成機)
・ペンテル         フェルトペン
・ボーガン         洋弓銃
・ホッチキス       ステプラー。書類とじ器。
・マジック(インキ、ペン) フェルトペン
・ムース          泡状整髪剤
・UFOキャッチャー    クレーンゲーム機
・ユンボ          パワーショベル
・ランドクルーザー    ボンネット型トラック
・ワンカップ        カップ酒
ryusoul

意外かもしれないが昔の日本人はそれほど魚を食べてこなかった。明治時代末期(1910年)の一人あたりの年間消費量はわずか3.7キロで現在の10分の1程度だった。魚を食べていたのはあくまで都市部や沿岸の一部の話。保存技術も流通も発達していない時代、滅多に食べられない貴重品だった。

 日本人が魚を多く食べるようになったのは戦後になってからで、いわゆる「魚食」が普及したのは1950年代からだ。これは冷蔵庫の普及が大きく関係している。冷蔵庫が普及したことで沿岸部以外の場所でも日常的に魚が食べられるようになった。

 一般的にはマグロは江戸時代から食べはじめられたと言われているが、江戸都市部の限定的な話で、日本中で食べられていたわけではない。マグロの消費が増えはじめたことの理由として考えられるのは醤油の普及である。醤油は赤身の魚の生臭さを消し、また漬けることにより保存性も高まった。

 この頃、好まれていたのはもっぱら赤身。

「ねこまたぎと言われて猫も食べないなんて言われていたんだ。トロは捨ててたらしいよ」

 というのは寿司屋でおじさんがかなりの高確率で披露する薀蓄である。もっとも明治を舞台にした志賀直哉の『小僧の神様』には「鮪の脂身が食べられる頃だね」というくだりがある。マグロのトロを食べたいのだけれど「でも最近は高くなってしまって……」と登場人物が残念そうに言う。落語の『目黒のサンマ』や『ネギマの殿様』の例を引くまでもなく、脂を美味しいと思うのは人間の本能だから、下品だといいながら喜んで食べてはいたのかもしれないと思う。